朝礼・スピーチの悩み解消!

朝礼ネタ・スピーチネタのコンビニ

ネタのコンビニ
ネタのコンビニ

こちらのページでは、「トレンド・時事ネタ」に関連する記事一覧を表示しています。

1 2 3 7

【朝礼ネタ】歴代の流行語大賞 どこまで覚えてますか?

読了までの目安時間:約 9分

【朝礼ネタ】2022年新語・流行語大賞は? 歴代の流行語どこまで覚えてますか?


流行語大賞今回の朝礼ネタは「新語・流行語大賞」。

毎年、12月初めに発表される「新語・流行語大賞」。2022年の年間大賞は「村神様」に決まりました。

ちなみに、2021年は「リアル二刀流/ショータイム」、2020年は「3密」、2019年は「ONE TEAM」でしたが、さらにその前ともなるとなかなか覚えていないもの。

そこで、聞けばきっと当時の思い出がよみがえる、懐かしい歴代流行語の数々を一覧で振り返ってみます。

【朝礼ネタ】歴代の流行語大賞 どこまで覚えてますか?の続きを読む »»

【朝礼ネタ】2022年ヒット商品ランキング&懐かしの歴代ベスト3一覧

読了までの目安時間:約 27分

【朝礼ネタ】日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」 ~歴代ヒット商品 どこまで覚えてますか?~


ヒット商品ランキング今回の朝礼ネタは「ヒット商品ランキング」。

年の瀬を感じるイベントの1つ、日経トレンディの恒例企画「ヒット商品ベスト30」

1987年の創刊以来、毎年12月号にて掲載を続けている「ヒット商品ベスト30」は、その年の世相を反映したランキングとして、「新語・流行語大賞」や「今年の漢字」などと並び『今年1年を振り返るイベント』として毎年注目されています。

「流行語大賞」「今年の漢字」で1年を振り返る(参考記事)

最新2022年のランキング(2022年11月3日発表)を含む「直近6年間のベスト30」並びに「歴代ベスト3」の商品・サービスを一気に振り返ってみます。

【朝礼ネタ】2022年ヒット商品ランキング&懐かしの歴代ベスト3一覧の続きを読む »»

【朝礼ネタ】クリスマスの雑学と人気プレゼントのトレンド

読了までの目安時間:約 12分

【朝礼ネタ】クリスマスの経済効果は?今年の人気プレゼントは?サンタって何者?


サンタクロース今回の朝礼ネタ・会話ネタは「クリスマス」。

毎年12月になると、街はクリスマスムード一色に染まります。近年では、ハロウィンが急速に盛り上がりを見せ、バレンタインに匹敵するほどの経済効果をもたらすイベントになりましたが、それでもクリスマスに比べればその差は歴然、改めてクリスマスの凄さが際立ちます。

クリスマスの経済効果・市場規模は約7000億円(2000年代初頭までは1兆円超)と言われ、対するバレンタイン・ハロウィンはそれぞれ1300億円前後で拮抗しています。

7000億円といえば、2020年(2021年)東京オリンピックの当初予算とほぼ同額(実際には3兆円前後かかったと騒がれていますが…)です。これだけ多額の費用が動くクリスマス、日本全国で街中がクリスマスカラーに染まるわけですね。 【朝礼ネタ】クリスマスの雑学と人気プレゼントのトレンドの続きを読む »»

日本の世界遺産一覧(2021年7月現在)と意外な雑学

読了までの目安時間:約 12分

【朝礼ネタ】日本の世界遺産はいくつ?世界第何位?観光客に人気の世界遺産といえば?(2021年7月更新)


THE 世界遺産 「絶景」 THE 世界遺産ディレクターが選ぶ 世界遺産 絶景20選 [Blu-ray]
今回の朝礼ネタは「世界遺産」。

まず、近年における日本の世界遺産登録を振り返ります。

2013年『富士山』
2014年『富岡製糸場』
2015年『軍艦島をはじめとした「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」』
2016年『上野の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」』
2017年『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』
2018年『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』
2019年『百舌鳥・古市古墳群』

このように2013年から2019年、日本は7年連続で世界遺産登録を果たしました。

そして、コロナ禍で審議が見送られた2020年を挟み、2021年に『奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島』『北海道・北東北の縄文遺跡群』が登録されています。

さて、世界遺産登録に沸く日本ですが…
  • 日本国内には、今、いくつの世界遺産がある?
  • 全世界の世界遺産総数は?第1位の国は?日本の順位は?
  • よく耳にする「無形文化遺産」。「世界遺産」との違いは?
  • 観光客に人気の世界遺産といえばどこ?(世界編・日本編)

など、世界遺産にまつわる、今さら聞けない、でもちょっと興味がある、そんな雑学を簡単にまとめました。

日本の世界遺産一覧(2021年7月現在)と意外な雑学の続きを読む »»

ハロウィンとは? ~今さら聞けない「トリック・オア・トリート」の由来や市場規模などの雑学~

読了までの目安時間:約 18分

【朝礼ネタ】ハロウィン(Halloween)ってそもそも何? トリック・オア・トリートの正しい意味は? 日本での火付け役は?


ハロウィン今回の朝礼ネタは「ハロウィン」。

近年、急速な盛り上がりを見せる、日本のハロウィン。“どっぷりハマる派” と “全く無縁派” に見事分断されている印象もありますが、バレンタインデーに匹敵するほどの経済効果・市場規模にまで成長したと言われている国内のハロウィン事情。

ここまで盛り上がっている以上、“全く無縁派” でも、これくらいは知っておきたい「ハロウィンの雑学」。例えば…
  • ハロウィンの由来・語源、日本での盛り上がりはいつから?
  • ハロウィンの経済効果・市場規模は?
  • 本来のハロウィンと日本のハロウィンの違い
  • なぜカボチャ? あいつの名前は?
  • Trick or Treat(トリック・オア・トリート)って何? 言われた時の返事は?

など、あまりの盛り上がりぶりに、今さら聞くに聞けない。そんな時の備忘録として、こっそりご確認いただければと思います。
ハロウィンとは? ~今さら聞けない「トリック・オア・トリート」の由来や市場規模などの雑学~の続きを読む »»
シェア数ランキング
 の数字は、 B! の合計数を表示しています。
申し訳ございませんたくさんのシェア、
ありがとうございます!
申し訳ございません
1 2 3 7
人気記事ランキング(24時間)
カテゴリー