すぐに使える朝礼ネタが見つかる!

朝礼ネタ・スピーチネタのコンビニ

ネタのコンビニ

【朝礼ネタ】2019年ヒット商品ランキングは? ~懐かしの歴代ベスト3一覧~

読了までの目安時間:約 23分

スポンサーリンク

【朝礼ネタ】日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」 ~歴代ヒット商品 どこまで覚えてますか?~


ヒット商品ランキング今回の朝礼ネタは「ヒット商品ランキング」。

年の瀬を感じるイベントの1つ、日経トレンディの恒例企画「ヒット商品ベスト30」

1987年の創刊以来、毎年12月号にて掲載を続けている「ヒット商品ベスト30」は、その年の世相を反映したランキングとして、「新語・流行語大賞」や「今年の漢字」などと並び『今年1年を振り返るイベント』として毎年注目されています。

「流行語大賞」「今年の漢字」で1年を振り返る(参考記事)

最新2019年のランキングと合わせ、「直近6年間のベスト30」及び「歴代ベスト3」の商品・サービスを一気に振り返ってみます。





2019年・2018年・2017年・2016年・2015年・2014年ヒット商品ベスト30 及び 歴代ベスト3一覧


※以下、クリック(タップ)で該当見出しに移動します。

  1. 2019年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」

  2. 2018年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」

  3. 2017年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」

  4. 2016年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」

  5. 2015年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」

  6. 2014年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」

  7. 1987年~「歴代ヒット商品ベスト3一覧」&「グランドチャンピオン」

  8. 朝礼ネタ・会話ネタとしての「ヒット商品」


2019年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」


ヒット商品ベスト30は、「売れ行き」「新規性」「影響力」の3つの要素を「日経トレンディ」が独自に評価、ランク付けしたもので、このランキングにはこの1年に注目を集めた商品やサービスがズラリと並びます。

ではさっそく、2019年のベスト3がこちら。クリック(タップ)で関連商品(リンク先は楽天です)がご覧頂けます。


第1位に輝いた「ワークマン」。お馴染みのワークマンの店舗と合わせ、近年「働くプロの過酷な使用環境に耐える品質と高機能をもつ製品を、値札を見ないでお買い上げいただける安心の低価格で届けたい」(公式HPより)というコンセプトのもと立ち上げられた、アウトドア・スポーツ・レインウエアの専門店舗ワークマンプラスを展開。今や両者を合わせた国内店舗数(2019年10月現在855店)はユニクロをも超えています。
ワークマンプラスの取扱商品はワークマンプラス店舗の専用商品というわけではなく、従来のワークマン店舗でも購入出来るという便利さと相まって新たな市場を急速に開拓。
実際、これまで訪れたことのなかったワークマンの店舗に初めて足を運ばれた方も多かったのではないでしょうか。

2位には「タピオカ」がランクイン。前年22位からの上位入賞を果たしたタピオカは、過去にも複数回のブームを経ていることから、「あれ?以前も流行んなかったっけ?」「タピオカと言えば白い小粒じゃなかった?」というアラサー・アラフォー世代も多いかもしれませんね。

3位の「PayPay」。サービス開始当初、「お支払い方法は?」に対し「ペイペイで!」と答える語感に、やや抵抗があると感じていたユーザーも少なくなかったようですが、すっかり市民権を得た決済手段となりましたね。

と、2019年は昨年に続き、身近に感じられるランキング結果だったと言えるのではないでしょうか。それでは以下、2019年「ヒット商品ベスト30」です。

2019年「ヒット商品ベスト30」1位~30位全商品・サービス

1位 ワークマン
2位 タピオカ
3位 PayPay
4位 ラグビーW杯2019日本大会
5位 令和&さよなら平成
6位 ボヘミアン・ラプソディ
7位 Netflix
8位 米津玄師
9位 ルックプラス バスタブクレンジング
10位 ハンディーファン


11位 ウーバーイーツ
12位 こだわり酒場のレモンサワー
13位 バスチー バスク風チーズケーキ
14位 天気の子
15位 大粒ラムネ
16位 オキュラスGo&クエスト
17位 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL
18位 悪魔のおにぎり
19位 マシュマロパンプス
20位 おしりたんてい

21位 ドラゴンクエストウォーク
22位 ムーミンバレーパーク
23位 誤発進防止装置
24位 スターバックス リザーブ ロースタリー 東京
25位 液体ミルク
26位 新ペットボトル紅茶
27位 スタディサプリ
28位 ポケトル
29位 即食高プロテインフード
30位 アタックZERO

モデルプレス『「2019年ヒット商品ベスト30」&「2020年ヒット予測ベスト40」発表』より引用 】


▲ヒット商品一覧(メニュー)に戻る


2018年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」


2年続いたゲーム部門の第1位(2016年ポケモンGO、2017年Nintendo Switch)をおさえ、2018年は「安室奈美恵」が堂々の1位に。

平成を代表する歌姫として全国にアムラー現象を巻き起こし、多くのアラサー・アラフォー世代に鮮烈な影響を与え続けた安室奈美恵。
40歳の誕生日(2017年9月20日)に公式サイト内で芸能界引退を発表、惜しまれつつ翌2018年9月16日をもって引退。
引退発表から引退までの1年間の経済効果は1000億円を超えると推測されるそう。正にインフルエンサー、誰もが納得の第1位ですね。

ドライブレコーダーは、いわずもがな。悪質なあおり運転に関するニュースが、芸能記事並に連日報道され、瞬く間にドライブレコーダーの重要性が再認識されました。ヒット商品というより、もはやヒッス商品となりましたね。

ペットボトルコーヒーの登場は、缶コーヒーの「ちょっとした休憩・息抜きに飲み干すイメージ」を覆し、女性や学生など新しい層からの支持も大きかったそう。一般に缶コーヒーが売れる秋冬のみならず、夏も売上堅調であったこともあり、一気に大ヒットを記録。各社が競って新商品を投入するようになりました。


2018年「ヒット商品ベスト30」1位~30位全商品・サービス
1位 安室奈美恵
2位 ドライブレコーダー
3位 ペットボトルコーヒー
4位 ZOZO
5位 グーグルホーム&アマゾンエコー
6位 漫画 君たちはどう生きるか
7位 aibo
8位 ケーブル バイト
9位 本麒麟
10位 NONIO


11位 名探偵コナン ゼロの執行人
12位 L.O.L. サプライズ!
13位 無糖・強炭酸
14位 コウペンちゃん
15位 東京ミッドタウン日比谷
16位 チョコミント
17位 明治エッセル スーパーカップ スイーツ
18位 エプソン チームラボ ボーダレス
19位 お椀で食べるカップヌードル
20位 肩掛けスピーカー

21位 プリントス
22位 タピオカミルクティー
23位 PUBG・荒野行動
24位 ポケトーク
25位 乃木坂46写真集
26位 サバ缶
27位 花椒
28位 カシヤマ・ザ・スマートテーラー
29位 スタディプランナー
30位 カメラを止めるな!

モデルプレス『「2018年ヒット商品ベスト30」&「2019年ヒット予測ランキング30」発表』より引用 】


▲ヒット商品一覧(メニュー)に戻る


2017年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」


前年2016年の「ポケモンGO」に続き、“ゲーム”が1位に君臨。

任天堂は、「Nintendo Switch」の発売(2017年3月)を挟み、2016年11月に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」、2017年10月に「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を投入。往年のファンを唸らせました。

新旧世代を股にかけた巧妙な商品展開は、正に任天堂ならではのお家芸。ミニファミコン・ミニスーファミあたりは、衝動買いしたおじさん世代(当時のファミコン世代)も多かったかもしれませんね。ご多分にもれず、筆者もその一人…


2017年「ヒット商品ベスト30」1位~30位全商品・サービス
1位 Nintendo Switch
2位 明治 ザ・チョコレート
3位 クラウドファンディング
4位 ミールキット
5位 ビットコイン
6位 クラフトボス
7位 リンクルショット メディカル セラム
8位 でか焼鳥
9位 anello(アネロ)
10位 ハンドスピナー


11位 うんこ漢字ドリル
12位 AirPods
13位 キュキュット CLEAR 泡スプレー
14位 IHI ステージアラウンド東京
15位 LIP38℃ リップトリートメント
16位 クリニカKid's ハブラシ
17位 ローカーボ食品
18位 ノート e-POWER
19位 ジェルボール 3D
20位 シールド乳酸菌

21位 KOIKEYA PRIDE POTATO
22位 うまれて!ウーモ
23位 ミニオン・パーク
24位 glo(グロー)
25位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
26位 エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S
27位 バーミキュラ ライスポット
28位 DAZN/AbemaTV
29位 日清カレーメシ
30位 GINZA SIX

モデルプレス『「2017年ヒット商品ベスト30」&「2018年ヒット予測ベスト20」発表』より引用 】


▲ヒット商品一覧(メニュー)に戻る


2016年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」


前年に比べ、ランキングらしいランキングとなった2016年。

1位に輝いた「ポケモンGO」の経済効果は計り知れず、億を超え数兆円規模に及ぶとの声も。

「君の名は。」は、日本国内の興行収入250億円を超え、日本における歴代興行収入ランキング第4位にランクイン(1位『千と千尋の神隠し』、2位『タイタニック』、3位『アナと雪の女王』)。


2016年「ヒット商品ベスト30」1位~30位全商品・サービス
1位 ポケモンGO
2位 君の名は。
3位 IQOS
4位 インスタグラム
5位 メルカリ
6位 スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ
7位 新型セレナ
8位 レノア本格消臭
9位 クッションファンデ
10位 グリーンスムージー


11位 スロギー ZERO FEEL SUHADA
12位 おやすみ、ロジャー: 魔法のぐっすり絵本
13位 かみさまみならい ヒミツのここたま
14位 ザ・チャーハン
15位 VR
16位 生誕300年記念 若冲展
17位 スター・ウォーズ/フォースの覚醒
18位 エアーマッサージャー 骨盤おしりリフレ
19位 EXPOCITY
20位 新・生茶

21位 ベイブレードバースト
22位 蚊取空清
23位 ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1
24位 シン・ゴジラ
25位 47都道府県の一番搾り
26位 おそ松さん
27位 フジコ眉ティント
28位 ロボホン
29位 バスタ新宿&NEWoMan
30位 グランピング

モデルプレス『「2016年ヒット商品ベスト30」&「2017年ヒット予測ベスト30」発表』より引用 】


▲ヒット商品一覧(メニュー)に戻る


2015年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」


2015年の「ヒット商品ベスト30」のベスト3は、例年に比べると「言わずと知れた」という表現が少々微妙な内容だったような気もします。


2015年「ヒット商品ベスト30」1位~30位全商品・サービス
1位 北陸新幹線
2位 火花
3位 インバウンド消費
4位 コンビニドーナツ
5位 ココナッツオイル
6位 ガウチョパンツ
7位 チョイ呑み
8位 明治プロビオヨーグルトPA-3
9位 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ
10位 アップルウォッチ


11位 ペッパー
12位 おにぎらず
13位 マインクラフト
14位 ディープセラム
15位 紙パック式掃除機 MC-JP500G
16位 折れないシャープペンシル
17位 ジレット プログライド フレックスボール
18位 プロテカ360
19位 ブルーボトルコーヒー
20位 まいにち、修造!

21位 0.01mmコンドーム
22位 メロンパンの皮、焼いちゃいました。
23位 COTON
24位 ふるさと納税&プレミアム付き商品券
25位 スプラトゥーン
26位 スキレット
27位 定額制音楽配信
28位 MIRAI
29位 ラグビーW杯
30位 機能性表示食品

日経トレンディネット「2015年ヒット商品ベスト30」より引用 】


▲ヒット商品一覧(メニュー)に戻る


2014年 日経トレンディ「ヒット商品ベスト30」


「アナ雪」や「妖怪ウォッチ」を目にして、「あれからもう5年!?」と思われた方も多いかも。


2014年「ヒット商品ベスト30」1位~30位全商品・サービス
1位 アナと雪の女王
2位 妖怪ウォッチ
3位 ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター
4位 ジェルボール洗剤
5位 Ban汗ブロックロールオン
6位 伊右衛門 特茶
7位 TSUM TSUM
8位 クロワッサンドーナツ
9位 格安スマホ
10位 あべのハルカス


11位 キネティックサンド
12位 スマートドライ
13位 ドクターエア 3Dマッサージシート
14位 牛すき鍋膳
15位 クロームキャスト
16位 ななつ星in九州
17位 希少糖
18位 ヘルシオ お茶プレッソ
19位 フリクションいろえんぴつ
20位 ミラカール

21位 アサヒスーパードライ ドライプレミアム
22位 ハスラー
23位 モンスターストライク
24位 ファンルーム
25位 カクノ
26位 ヌードルメーカー
27位 ワンダーコア
28位 カップヌードル トムヤムクンヌードル
29位 マンガボックス
30位 NISA

日経トレンディネット「2014年ヒット商品ベスト30」より引用 】


▲ヒット商品一覧(メニュー)に戻る


「歴代ヒット商品ベスト3一覧」&「グランドチャンピオン」


1987年から続いている恒例企画「ヒット商品ベスト30」。

同じ商品を見ても、年代によっておそらく反応は様々。「うわっ、懐かしい!」という人もいれば、「何だそれ?」という人も。懐かしさ度合いでおよその年齢がばれるかもしれませんね。

では、歴代「ヒット商品」。ベスト3に絞って一気に振り返ります。

日経トレンディ『歴代ヒット商品ベスト3』
(※上段「1位」、下段左から「2位」「3位」)
1987年
(昭和62年)
「自動製パン機」
「サラダ記念日」「NICS製品」
1988年
(昭和63年)
「東京ドーム」
「シーマ」「リゾートマンション」
1989年
(昭和64年)
(平成元年)
「ハンディカム55」
「吉本ばなな」「フラワーロック」
1990年
(平成2年)
「水族館」
「BSチューナー内蔵テレビ」「ちびまる子ちゃん」
1991年
(平成3年)
「カルピスウォーター」
「ムーバ」「画王」
1992年
(平成4年)
「大型ゲームセンター」
「オートキャンプ」「カラオケルーム」
1993年
(平成5年)
「Jリーグ」
「格安紳士服」「セービング」
1994年
(平成6年)
「輸入ビール」
「格安PB商品」「カーナビゲーション」
1995年
(平成7年)
「マルチメディアパソコン」
「携帯電話」「オデッセイ」
1996年
(平成8年)
「インターネット」
「携帯電話・PHS」「インポートブランド」
1997年
(平成9年)
「たまごっち」
「もののけ姫」「失楽園」
1998年
(平成10年)
「タイタニック」
「iMac」「外貨建て金融商品」
1999年
(平成11年)
「宇多田ヒカル」
「iモード」「10万円パソコン」
2000年
(平成12年)
「ユニクロ」
「プレイステーション2」「DVD」
2001年
(平成13年)
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」
「東京ディズニーシー」「千と千尋の神隠し」
2002年
(平成14年)
「ワールドカップサッカー」
「ハリー・ポッター」「アブトロニック」
2003年
(平成15年)
「阪神タイガース」
「ヘルシア緑茶」「日清具多」
2004年
(平成16年)
「冬のソナタ」
「伊右衛門」「世界の中心で、愛をさけぶ」
2005年
(平成17年)
「iPod nano&ITMS」
「愛知万博(愛・地球博)」「ブログ」
2006年
(平成18年)
「ニンテンドーDS Lite&鍛脳ゲーム」
「軽自動車」「TSUBAKI」
2007年
(平成19年)
「Wii」
「ビリーズブートキャンプ」「動画共有」
2008年
(平成20年)
「プライベートブランド」
「Eee PC」「Wii Fit」
2009年
(平成21年)
「プリウス&インサイト」
「キリンフリー」「ドラゴンクエスト9」
2010年
(平成22年)
「食べるラー油」
「3D映画」「スマートフォン」
2011年
(平成23年)
「スマートフォン」
「Facebook」「“節電”扇風機」
2012年
(平成24年)
「東京スカイツリー」
「LINE」「国内線LCC」
2013年
(平成25年)
「コンビニコーヒー」
「パズル&ドラゴンズ」「アベノミクス消費」
2014年
(平成26年)
「アナと雪の女王」
「妖怪ウォッチ」「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」
2015年
(平成27年)
「北陸新幹線」
「火花」「インバウンド消費」
2016年
(平成28年)
「ポケモンGO」
「君の名は。」「IQOS」
2017年
(平成29年)
「Nintendo Switch」
「明治 ザ・チョコレート」「クラウドファンディング」
2018年
(平成30年)
「安室奈美恵」
「ドライブレコーダー」「ペットボトルコーヒー」
2019年
(平成31年/令和元年)
「ワークマン」
「タピオカ」「PayPay」

ウィキペディア「日経トレンディ ヒット商品ベスト30」参照 】


平成生まれの新入社員たちが入社してきたことに衝撃を受けたのが、ついこの前の出来事と感じていましたが、気付けば彼らも、もうアラサー。そして時代は令和へ。年を取れば取るほど、時の移り変わりは切ないほどに早く感じるものです。

【朝礼ネタ】ジャネーの法則とは? ~年をとるほど1年が短く感じるのはなぜ?~
(当サイトの人気記事です。お時間があればぜひ!)

ところで、日経トレンディの「ヒット商品ベスト30」企画が始まった頃と言えば、世の中はいわゆるバブル。

バブル景気(バブルけいき)は、景気動向指数(CI)上は、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの51か月間に日本で起こった資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現象とされる。
ウィキペディア「バブル景気」より 】

1988年(昭和63年)の「シーマ(日産車)」「リゾートマンション」あたりは、その象徴ともいえるランキング結果。当時のシーマが、当時のやんちゃな思い出とともに鮮明に蘇る、そんなアラフィフ男子も多そう。

そんな「シーマ」や「リゾートマンション」に一切聞き馴染みのない若い方へひとこと。

平野ノラさんを見て、アレ何だと思います?

アレは決して、彼女の想像で創り上げられた架空のキャラではなく(やや大袈裟ではありますが)、当時は本当にああいうキャラが街中に実在してたんですよ(苦笑)

・・・

また、2017年に『日経トレンディ』創刊30周年を記念して、過去に選出された約900にも及ぶ「ヒット商品」の中から、「グランドチャンピオン」が選出されました。

『日経トレンディ』創刊30年 ヒット商品「グランドチャンピオン」
  • スマートフォン(2011年1位ほか)
  • LINE(2012年2位)
  • インターネット(1996年1位)

正に、世の中を変えた「ヒット商品中のヒット商品」。あまりにも日常化しすぎていて、1商品という見方に違和感を覚えますね。

1987年から続く「歴代ヒット商品」。改めて、あなたはどのヒット商品に当時の思い出が蘇りましたでしょうか?

▲ヒット商品一覧(メニュー)に戻る


朝礼ネタ・会話ネタとしての「ヒット商品」


冒頭で触れた「流行語・新語大賞」(詳細記事)と合わせ、その時代を反映してきた「ヒット商品ベスト30」。

1996年(平成8年)、堂々1位に輝いた「インターネット」。先述の通り、今でこそ「インターネット」=「ヒット商品」という響きに違和感を覚えますが、よくよく考えれば過去最大の「ヒット商品(サービス)」だったと言えるかもしれません。

インターネットの普及に伴い、消費者の購買プロセスも大きく変化。一昔前有名だった「AIDMA(アイドマ)の法則」は「AISAS(アイサス)の法則」へと変化。これまでなかった2つの「S」、「Search(検索)」「Share(共有)」というプロセスが重要視されるようになりました。

【朝礼ネタ】「AIDMA(アイドマ)の法則」と「AISAS(アイサス)の法則」の違い 正しく説明できますか?

インターネットの普及だけが原因ではないにせよ、「良いものを作れば売れる」が神話となってしまった昨今、何が売れるか分からない。また、ヒット商品の変遷を見る限りでも、年々進化する技術に比例して必ずしも複雑・精巧な商品がヒットしているとも限りません。

一方で「昔売れたものをもう一度売る」という復刻ブームも盛り上がりを見せる傾向も入り混じり、商品開発担当者が頭を抱える時代になりました。

【会話ネタ】「カセットテープの思い出」と「復刻版が流行る理由」

毎年、ヒット商品を一通り眺めて、「ふ~ん」と他人事で終わるか、「おっ、これは!」と自社製品の改善・改良の気付きにつなげるかは人それぞれ。

30位までの商品1つ1つをじっくり見てみると、様々な業種・業界の商品・サービスがランクインしていることに気付きます。改めて、「ふ~ん」で終わらせるには少々もったいないランキングと言えそうです。

朝礼ネタや会話ネタとして、ベスト3の商品を引き合いに出し、ヒットの要因やそこから得られる気付きなどについて、問題提起してみてはいかがでしょうか?


 

同カテゴリーの記事紹介

コメントフォーム

お名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

シェア数ランキング
人気記事ランキング(直近24時間)
カテゴリー
明日誰かに話したくなる! おすすめ記事5選
あがり症克服、スピーチ・会話上達の近道