朝礼ネタやスピーチ例文、面白い話や笑える話など「すぐ使えるネタ・雑学」をまとめています。

朝礼ネタ・スピーチネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”

ネタのコンビニ

【朝礼ネタ】クリスマスの雑学・豆知識 ~今年の人気プレゼントはコレ!~

読了までの目安時間:約 12分

スポンサーリンク

【朝礼ネタ】クリスマスプレゼント。今年の人気は?キーワードは?


サンタクロース今回の朝礼ネタ・会話ネタは「クリスマス」。

例年、クリスマスが近づくと日本トイザらスから発表される各種報道に世間の注目が集まります。

また、いつもと明らかに異なるお子さんからの「悩ましい視線」をヒシヒシと感じるこの時期のお父さん・お母さんたちにとっても、クリスマスプレゼント選びは、まさに悩ましいところですね。

ここ数年のクリスマスプレゼント玩具のトレンドを振り返ると…

2013年は「スマホ型玩具・タブレット型玩具」が売り切れ続出。
2014年は「レリゴー(Let It Go)関連」が市場を席巻。
2015年は「3世代向け玩具(スター・ウォーズやサンダーバードなど)」「ロボット・RC玩具」「クラフト系玩具」と幅広いニーズが発生。
2016年は「リアル」がキーワードだったそう。

では、今年2017年の人気玩具キーワードは…?





トイザらスによると、2017年の人気玩具のキーワードは「テレビ・映画コンテンツ」「ユーチューバー」「ゲーム」なんだとか。

ところで、毎年11月に発表される「日経トレンディ ヒット商品ベスト30」。各種メディアでご覧になった方も多いと思います。

【朝礼ネタ】2017年ヒット商品ランキング ~歴代ヒット商品ベスト3を一覧で振り返る~

この「ヒット商品ベスト30」の上位にランクした商品が、その年の人気クリスマスプレゼントになることも多く、2016年第1位は「ポケモンGO」、2017年第1位は「Nintendo Switch」と、まさに、トイザらスがキーワードとして掲げる「ゲーム」の人気が続いています。

また、任天堂と言えば、「Nintendo Switch」の発売(2017年3月)を挟む形で、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)」(2016年11月発売)と「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)」(2017年10月発売)を市場に投入し、往年のゲームファンを見事に魅了。

この、新旧世代を股にかけた絶妙な商品展開に、ついつい衝動買いに走った「当時のファミコン世代」も多かったようですが、一方ではこんな問題も…

2017年12月現在、「Nintendo Switch」や「ミニファミコン」「ミニスーファミ」は、発売直後からの品薄が続いているため、各種通販サイトなどでは定価を上回る金額で販売されているケースが目立ちます(いわゆる転売が多発)。

公式サイト(Switch公式ミニファミコン公式ミニスーファミ公式)にて、それぞれ増産案内が告知されていますので、「どうしても今すぐ欲しい方」以外は、少しの辛抱が吉です。

なお定価(税別)は、Switchが29,980円、ミニファミコンが5,980円、ミニスーファミが7,980円です。

さて、話を戻してトイザらス。
例年、こんな便利かつ危険!?なモノをリリースしています。

トイザらス「デジタルカタログ」

この「便利」なカタログが、なぜ「危険」なのかは、クリック操作可能なお子さんに触らせてみれば、すぐに分かるはず。親にとっては脅威のカタログです。

・・・

最後に、クリスマスプレゼントを渡す相手は子どもたちばかりとは限りませんので、「流行り廃りのない定番」もおさえておきたいところです。

クリスマスプレゼントは「誰に?」「何を?」「どのように?」など、とても参考になります。

クリスマス特集(楽天)

以上、クリスマスプレゼントのトレンドについてご紹介させて頂きました。
ここからは、クリスマスに関するちょっとした雑学・豆知識をご紹介していきます。


【朝礼ネタ】クリスマスの雑学・豆知識


クリスマス・イブの「イブ」の意味は?


クリスマス・イブのイブは「前夜祭」や「前日」のこと?そう思い込んでやまない方が、12/23のことを「イブイブ」と言って騒ぎます。12/23は天皇陛下の誕生日を祝う日であって、イブイブなどと騒ぐ日ではありません。

改めて、クリスマス・イブの「イブ」は、「イブニングのイブ」です。

クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ(eve)」は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が消失したものである。【ウィキペディアより】

なお、ユダヤ暦では日没が日付の変り目として扱われるため、12/24の日没後は、日付はすでに12/25。つまり「クリスマス・イヴ」は12/25クリスマスの始まりの時間帯というわけです。

12/24全体のことを「イブ」と呼ぶことが一般化していることも「イブイブ信者」発生の一因と言えるかもしれません。

言葉は、使う人の都合で良からぬ方向に独り歩きすることがよくあります。こんな感じで。

【ランキング】「間違った意味で使われる言葉」「言い間違いされる言葉」 第1位は?


クリスマスはイエス・キリストの誕生日?


いつ誰に教わったかは定かでなくとも、何となく「クリスマスはイエス・キリストの誕生日」と思っている人が多いようです。残念ながら、そんな事実はどこにもありません。

キリスト教においてもクリスマスは「降誕を記念する祭日」と位置づけられており、「救世主イエス・キリストの誕生日」と考えられているわけでは無い。イエス・キリストが降誕した日がいつにあたるのかについては、古代からキリスト教内でも様々な説があった。【ウィキペディアより】

「実際に誕生した日(誕生日)」と「誕生したことを記念する日」の違い。微妙ですが異なるわけですね。

実際、新約聖書にイエス・キリストの誕生日に関する記述はなく、前後の情景や天文現象などの見地から諸説が唱えられているようです。


サンタクロースは何者?


サンタクロース伝説の起源は4世紀頃の東ローマ帝国にまで遡り、教父聖ニコラオス(ニコラウス)に由来すると言われています。

この「聖(セント)ニコラオス」は、オランダ語で「シンタクラース」。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、現在のサンタクロースの語源になったというのが有力説のようです。

日本では「サンタさん」の愛称で子どもたちに大人気のサンタクロース。良い子にプレゼントを配って回る善良なイメージで、悪い子についての扱いあまり耳にしません。

ただ国によっては、悪い子に対する扱いもしっかりと伝えられており、ドイツでは「お仕置き」、イタリアでは「炭」、ハイチでは「袋に入れてさらわれる」など、悪い子にとってはシャレにならない言い伝えもあるんだとか。

そして、現代のサンタクロースのイメージと言えば…
  • 赤い服(白のアクセント)
  • 赤いナイトキャップ
  • ものすごい白ヒゲ
  • 白い大きな袋
  • お爺ちゃん
  • 煙突に入るには無理がある体型
これらのイメージが浸透し始めたのは19世紀初め頃のようで、以降少しずつカスタマイズ。日本の子どもたちに「今のイメージ」が広く知れ渡ったのは1914年頃と言われています。


サンタクロースとコカ・コーラ社の関係


サンタクロースの現在のイメージが、コカ・コーラ社の広告によって創り出されたものとする説があるようですが、ウィキペディアでは「俗説」と解説されています。

米国コカ・コーラの広告にサンタクロースが初めて採用されたのは1931年であり、この時にはすでに遠く離れた日本ですらサンタクロースのおなじみの姿は確立されて十数年が経過していた。【ウィキペディアより】

一方、コカ・コーラ社公式サイトでは、

“白いあごひげに真っ赤な衣装の陽気なサンタ”。今でこそおなじみのその姿、実は画家ハッドン・サンドブロムがコカ・コーラ社のクリスマスキャンペーン用に描いた絵がきっかけになっています。【コカ・コーラ社公式サイトより】

と、どちらも譲らない様子。

ここは、少しずつ出来上がりつつあった「今のイメージ」を、コカ・コーラ社が更に世界に広めた。という解釈でいかがでしょうか。


クリスマスケーキを広めたのは不二家?


これは事実のようです。

現代の日本では、スポンジケーキにホイップクリームやバタークリームを塗り、砂糖細工(メレンゲドール)のサンタクロースやクリスマスツリー、イチゴやチョコレートを飾りつけたものが一般的である。これは、不二家が1922年(大正11年)頃から広めたものである。【ウィキペディア】

気になるのは、「砂糖細工のサンタクロース」。1922年当初からクリスマスケーキの上にサンタが乗っかっていたかは微妙なところ。不二家公式サイトによると、1922年は「ショートケーキ発売」とだけ記されています。


クリスマスの祝日化


欧米諸国をはじめ、多くの国で祝日となっている12/25クリスマス。諸外国に負けず劣らずクリスマスにお祭り騒ぎする日本は普通の平日。

日本でも祝日にしようという話は出ているようですが、問題は憲法が定める政教分離の原則。特定の宗教の記念日を祝日にすることは、この原則から難しいとされています。

また、現在(平成)において12/25を祝日とした場合、12/23天皇誕生日と12/25クリスマスの両日に挟まれた12/24も自動的に国民の休日となり3連休が成立します。

Aの翌日をB、Bの翌日をCと呼ぶことにする。AとCの両日が「国民の祝日」で前後を挟まれた日(B)が「国民の祝日」でない場合にBの日に適用される休日で、「国民の休日」と呼ばれる。【ウィキペディアより】

【朝礼ネタ】シルバーウィークとは?国民の休日とは? ~今更聞けない休日の雑学~(参考記事)

仮に12/21が土曜の場合、見事5連休。そして数日後には年末年始休暇突入。更に有給を工夫すれば… と、想像しただけで笑みがこぼれるサラリーマンの方も多いとは思いますが、多くの企業が繁忙期を迎え、何かとせわしない年の瀬。こんな時期に超大型連休を設けると、そのまま永年連休に突入しかねません…

以上、現実的にはクリスマスの祝日化は想像以上に厳しいようです。


「もろびとこぞりて」の勘違い!?


クリスマスの讃美歌『もろびとこぞりて』。

幼い頃、歌詞の意味などまったく分からずに「楽譜に記されたひらがな」だけを追いかけて歌っていたあの頃。全部日本語だったと知ったのは、随分経ってからだったように思います。

『「モロビ」と「コゾリテ」』って何? 何者?
『シュワッキーマッセーリー』って何? 呪文?

などと思ってたのはここだけの話です。

この手の勘違い、大人になって衝撃を受けたあんなことやこんなこと、あなたにもお心当たりありませんか?

笑える話 面白い話 「あぁ勘違い」~子どもの頃の勘違い編~

・・・

職場でもプライベートでも、「クリスマスの話題」は、毎年同じ時期に同じ盛り上がりをみせる定番ネタ。「今年のクリスマス、人気商品って何だか知ってます?」と振ってみるだけでも、子どもの話や人気のプレゼントについて等、幅広く話題を展開していけそうですね。

色々と話が脱線してしまいましたが、最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。筆者にとりまして、「ここまでお読み頂けたこと」が何よりのプレゼントです。


 

同カテゴリーの記事紹介

コメントフォーム

お名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

シェア数ランキング
人気記事ランキング(直近24時間)
明日誰かに話したくなる! おすすめ記事5選
あがり症克服、スピーチ・会話上達の近道