朝礼ネタやスピーチ例文、面白い話や笑える話など「すぐ使えるネタ・雑学」をまとめています。

朝礼ネタ・スピーチネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”

ネタのコンビニ

【9月】朝礼ネタ・スピーチ実例・会話ネタ ~今すぐ使える話題特集~


スポンサーリンク

読了までの目安時間:約 17分
 18シェア

9月の朝礼ネタ・スピーチネタ・会話ネタ まとめ・実例集


9月 朝礼ネタ今回の朝礼ネタ・会話ネタは「9月」。

こちらのページでは、「9月」に関連するキーワードやネタ、話題等を一覧表にしてまとめています。

朝礼スピーチ、日常会話等、ネタの備忘録として、後半の「朝礼ネタ」「会話ネタ」「スピーチ実例」と合わせ、ぜひご活用ください。




9月の朝礼スピーチ・日常会話に使えるネタ・キーワード一覧


9月の『○○』9月の『○○』 内容・説明・一言
旧暦月名・由来長月(ながつき)
夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力
主な異名紅葉月(もみじづき)、菊月(きくづき)、晩秋(ばんしゅう・くれのあき)
二十四節気白露(はくろ):9月8日頃
秋色が濃くなる時期。大気が冷えてきて、草花に白露がつき始める頃。

秋分(しゅうぶん):9月23日頃
日の出・日の入りが真東・真西になり、昼夜の長さがほぼ等しくなる日(昼がわずかに長い)。秋の彼岸の中日にあたる。「秋分の日(祝日)」は、祖先を敬い亡くなった人々をしのぶ日。

朝礼スピーチに意外に役立つ「二十四節気一覧」はこちら(参考記事)
祝日敬老の日:9月第3月曜(多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う)
秋分の日:9月23日頃(祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ)
主な季語仲秋、三日月、夜長、夜食、すすき、くつわむし、名月、月見、十六夜、秋刀魚、コスモス
主な時候の挨拶・朝夕はめっきり涼しく
・秋色次第に濃くく
・暑さ寒さも彼岸までと申しますが
・二百十日も無事に過ぎ
主な祭り岸和田だんじり祭(大阪)
誕生石サファイア(青玉)、アイオライト(菫青〈きんせい〉石)
星座おとめ座:8/23~9/22
てんびん座
:9/23~10/23
キーワード防災、台風、敬老の日(祝日)、秋分の日(祝日)、お月見、十五夜、3連休、シルバーウィーク、○○の秋、頭虫


9月に使える朝礼スピーチネタ・会話ネタ 実例一覧


食欲の秋猛烈な暑さもようやく和らぎ日に日に過ごしやすくなってくる9月。

様々な方面で「○○の秋」と例えられるように、何をするにも快適なシーズンです。○○には何が真っ先に思い浮かぶでしょうか?

食欲、読書、芸術、スポーツ、紅葉、行楽、睡眠…

また、長い夏休みを終えた子供たちも学校生活に戻り、各家庭も日常生活を取り戻します。そして、昼夜の長さがほぼ等しくなる秋分を迎える頃には、必ずと言っていいほど「日が短くなったなぁ」を口にしたり耳にしたり。

そんな9月に使えそうな、朝礼ネタ・会話ネタをまとめてみました。


【9月ネタ】十五夜の月見「ちゅうしゅうの名月」中秋?仲秋?


中秋の名月十五夜の月のことを「ちゅうしゅうの名月」と呼びますが、この「ちゅうしゅう」の漢字。

中秋だっけ? あれ、仲秋か? と、迷われたことありませんか?

近年、お月見自体、マクドナルドの月見バーガーのCMを見て思い出す程度という方も多いかもしれませんが、年中行事の1つとして最低限押さえておきたい「十五夜の雑学」を簡単にまとめてみました。

【朝礼ネタ】中秋の名月 仲秋の名月 どちらが正解?

余談ですが「マクドナルドの雑学」も、ちょっとした雑談に重宝します。

マクドナルドの「裏メニュー」と「価格」と「雑学10選」



【9月ネタ】秋分は昼と夜の長さが同じ日 ウソ?ホント?


秋分二十四節気(にじゅうしせっき)の1つ「秋分」。一般的に昼と夜の長さが等しくなる日とされていますが、実際には昼の方が若干長いようで、年によって差もありますが、平均すると約14分昼が長いとされています。

なお「春分」は、「秋分」の逆で、夜の方が若干長くなります。

日常会話では使用頻度が高いとは言えませんが、朝礼スピーチの出だしなどで好んで用いられる「二十四節気」。次回のスピーチ当番の日程に合わせてチェックしておくと、役に立つかもしれません。

【朝礼ネタ】二十四節気 朝礼スピーチの定番文句「暦の上では〇〇ですが~」



【9月ネタ】9月1日は防災の日 ~知っておきたい防災の常識・非常識~


防災連日、各地の自然災害が報じられるたびに、災害対策自体の在り方が都度議論される昨今ですが、実際、あなたの身の回りでは、具体的な変化はありましたでしょうか。

国土交通省「土砂災害防止法の概要」の中には、『 行政の「知らせる努力」と住民の「知る努力」で土砂災害による人的被害をゼロに。』と明記されていますが、周知徹底のハードルは高く、依然、連日の報道の通り被害は甚大です。

改めて、9月1日は防災の日。防災の知識を身につけることと、実際の有事に行動できることは、必ずしも同じではありません。こんな言葉を聞いたことがあります。

『「しってること」と「してること」は違う』

家庭でも職場でも「より具体的な」情報共有、「実践さながらの」訓練を行っておきたいものです。

こちらは震災を対象とした記事ですが、「昔の常識=今の非常識」といった内容や、身近な人たちと最低限共有しておきたい項目などをまとめています。

【朝礼ネタ】防災の常識・非常識 ~地震の時「机の下に隠れる」はウソ!?~



【9月ネタ】台風シーズンの正しい意味、ご存知ですか? ~台風の雑学~


台風台風が猛威を振るう8月~9月。

2016年は「台風1号の発生の遅さ(7月3日の発生)」が1951年以降の統計上、第2位を記録。その後トリプル台風の発生。そしてその内の1つが、異例の進路をたどり、台風長寿記録を46年ぶりに更新。

こうした台風が、近年の異常気象と相まって各地で甚大な被害をもたらしています。

ところで、発生のたびにメディアで報じられる台風情報ですが、意外に知らない用語や名称も多いものです。
  • 「台風シーズン」の正しい意味は?
  • 「台風銀座」って何?どこ?
  • 「台風の独特の呼び名」あれって何語?
  • 「小型で弱い台風」という表現が廃止されるきっかけとなった事故は?
など、ちょっとした台風の雑学をこちらで紹介しています。

【朝礼ネタ】台風に関する雑学・豆知識 ~「台風銀座」ってどこ?など~

こちらは、異常気象にちなんだ雑談ネタです。

【朝礼ネタ】夫婦喧嘩注意報とは? ~気象病・フェーン現象との関係~



【9月ネタ】秋の交通安全運動 ~ヒヤリ・ハット映像と事故報告書~


交通事故原則として春は4月6日~4月15日、秋は9月21日~9月30日に行われる「全国交通安全運動」。

小中高生の登下校風景がしばらくご無沙汰だった夏休みも終わるこの頃。前述の通り、9月下旬には「秋の全国交通安全運動」が実施されます。

朝礼スピーチでの「交通事故の注意喚起」は定番中の定番ですが、定番なだけに単なる“お題目”になりがちです。「具体的な事例」を交えて話すなど、一ひねり加えた注意喚起で聞く側の関心を高め、公私ともに安全運転に努めたいものです。

その具体的な事例としての「実際のヒヤリ・ハット映像」や、万が一事故を起こしてしまった際に使える「事故報告書」などを、こちらの記事で紹介しています。

【朝礼ネタ】交通事故発生 まず何する? ~そのまま使える「事故報告書式」つき~



【9月ネタ】通勤ラッシュに、夏休みを終えた学生が戻ってきます…


快適な通勤電車ただでさえ息苦しい朝の通勤ラッシュ

電車通学の学生全員が1限目の授業に出席するとは考えづらいものの、それでも夏休み期間中は通学生が少ない分、わずかながらゆとりができていた朝の電車内。

それも束の間、学生さんたちが通勤ラッシュ帯に戻り、また数センチ単位の縄張り争いが始まります。

そんな息苦しい車内ですが、快適な車内を妄想しながら(イラスト参照)、こちらの記事が少しでも息抜きになればと思います。

【朝礼ネタ】電車内「恥ずかしい」「イライラ」「かっこいい」ランキング

【朝礼ネタ】エスカレーター 左右どちら側に立ちますか?
(※近年、歩行禁止を呼びかける声が改めて高まっています)



【9月ネタ】読書の秋 ~ベストセラーって何部以上のこと?~


読書読書の秋です。

「暗いところで本を読むと目が悪くなる」が、専門家の間で「根拠なし」と言われて久しいですが、視力が落ちなくとも目が疲れるのは事実。秋の読書、ほどほどに楽しみたいですね。

これまで、活字が苦手だった方でも、ダブルミリオンを超えた話題作「火花(又吉直樹著)
」を手にしたことがきっかけで読書好きに。なんて方も増えているかもしれません。

ところで、ダブルミリオンセラーが200万部以上、ミリオンセラーが100万部以上というのは、文字通り納得がいきますが、ベストセラーって何部以上のことを指すかご存知でしょうか?(答えは後述)

では、読書にちなんで朝礼で使えそうなネタをいくつかご紹介させて頂きます。

・・・

第二弾も発売され、シリーズ累計85万部を突破している話題の書籍『「伝え方が9割」「伝え方が9割②』、筆者も拝読しました。
【朝礼ネタ】「伝え方が9割」~面白いやりとり、意表を突く言葉、絶妙な切り返し文句~
東大を現役合格・首席卒業した著者は「高校時代まで勉強漬けとは無縁の生活」だったそうです。
【朝礼ネタ】『東大生の超勉強法』が東大生に売れているワケ
こちらは全世界で3000万部以上の超ベストセラーです。
【朝礼ネタ】「7つの習慣」が7秒で分かる ~『7つの習慣』と『完訳 7つの習慣』の違い~
世界一のベストセラーは言わずと知れた「聖書」。推定3880億冊(1998年現在の数字)だそう。
【朝礼ネタ】黄金律とは? ~「金の教訓」と「銀の教訓」~
上の『伝え方が9割』もそうですが、本はタイトルが命とも言われます。
【朝礼ネタ】何のキャッチコピーか分かりますか?
様々な書籍に登場する著名人の名言や格言は、朝礼ネタの定番です。
【朝礼ネタ】スピーチに引用したい名言・格言集 (スピーチ実例つき)
こういう書籍で得た雑学は日常会話で案外重宝します。
【朝礼ネタ】「日本人の知らない日本語」ってご存知ですか?
・・・

さきほどの答えですが…

「ベストセラー」に明確な定義はないそうです。

実は、これには出版業界で決まった定義はありません。本のジャンルによって違いますし書店によっても違います。

例えば、人文書では1万部売れたらベストセラーと言われ、文芸書だと10万部前後でベストセラーだと言われ、コミックだと100万部売れてもミリオンセラーとあまり言われないこともあります。また、ロングセラーと呼ばれ毎年毎年ずっと売れているいう本もあります。

日本著者販促センター「ベストセラーは何万部から?」より 】




【9月ネタ】健康診断「バリウムvs胃カメラの話」と「女性向けの話」


健康診断9月に限ったことではありませんが、過ごしやすくなるこの時期に健康診断を実施する企業が多いようです。

健康は年間通じて、というより生涯通じての重要テーマです。

以前、健康診断の受診を促すこんなコピーが注目されました。

「『大丈夫だよ』(受診前)と『大丈夫だったよ』(受診後)は、ぜんぜん違う。」

「築40年のこの家より、私のカラダは古い。大事にしよう。」

筆者の家内も健康診断で命を救われた1人。特に、「定期的な健康診断」と疎遠になりがちな主婦の方は要注意です。

【朝礼ネタ】たかが健康診断 されど健康診断 ~明暗を分けた家内の婦人ガン検診~



【9月ネタ】この時期、頭の上を飛び回る「頭虫」の正体は?


頭虫比較的過ごしやすい気温の時期(4月~5月頃及び9月~10月頃)に発生し、頭の上をウジャウジャと飛び回る謎の虫の大群と言えばお分かり頂けるでしょうか?

そう、あの「逃げてもついてくる奴ら」です。

奴らの正体は「○○○カ」と言います。名前に「カ(蚊)」と付きますが、基本的に人を刺すことはないそう。ちょっとした雑談ネタとして使える、通称「頭虫」についてです。

【朝礼ネタ】頭虫の正体は蚊じゃない!?なぜついてくる?



【9月ネタ】夢のシルバーウィークから早1年 ~今更聞けない休日の雑学~


シルバーウィーク2015年9月は、近年稀に見る大型連休が発生し、平日勤務の多くの人たちにとって、嬉しい嬉しい5連休となりました。あれからもう1年です。早いですね。

【朝礼ネタ】ジャネーの法則とは? ~年をとるほど1年が短く感じるのはなぜ?~(スピーチ実例つき)

ところで、「シルバーウィーク」の由来や、大型連休になるか否かのカギを握る「国民の休日」の仕組み、また、次にシルバーウィークが大型連休になるのは何年後? など、身近ながら意外に知られていないことも多いようです。そんな休日に関する雑学です。

【朝礼ネタ】シルバーウィークとは?国民の休日とは? ~今更聞けない休日の雑学~



9月の朝礼スピーチ実例・例文


スピーチこちらでは、今の時期に「すぐ使える」「そのまま使える」オリジナルの朝礼スピーチ実例・例文(スピーチ原稿)を紹介しています。

そのまま読んでも不自然にならないよう、実際の語り口調を文章化していますので、お急ぎのスピーチネタ探しにお役立てください。

・・・

前述「読書の秋」からのスピーチ実例。
【朝礼スピーチ実例】『伝え方が9割』読まれた方、いますか?
【朝礼スピーチ実例】『7つの習慣』より 1日が25時間あったら「増えた1時間」何しますか?
あなたの会社が今の時期に健康診断を実施されるようでしたら。
【朝礼スピーチ実例】「健康が全てではないが、健康を失うと全てを失う」
過ごしやすい季節を迎え、ついつい夜更かし。そして朝寝坊。こんな名言があります。
【朝礼スピーチ実例】名言引用 「習慣は、最高の召使いか最悪の主人のいずれかである。」
夏休みに何気なく交わした子供との約束をつい忘れて機嫌を損なった。なんてことありませんか?
【朝礼スピーチ実例】記憶より記録 ~3日前、何食べたか覚えてますか?~
その他、季節を問わず年間通して使える「朝礼スピーチ実例集」はこちらをご参照ください。
『朝礼スピーチ実例・例文集』


・・・

「9月の朝礼ネタ・スピーチネタ・会話ネタ」は以上です。


追記

ごく一部の方にだけ共感頂けるかもしれない、私事。

9月と言えば、大阪の岸和田だんじり祭。個人的に日本の祭の中で一番好きな祭です。

岸和田在住だった幼少の頃、小さな身体で懸命に引っ張ったあの感覚や、街中の盛り上がりムードが忘れられず、大人になってからも幾度となく見物に訪れています。

今頃は、地元の小中高生たちが授業の合間や放課後に、本番さながら机を叩いている頃かと(意味が分からない方、すみません)。

一方、危険を伴う祭でもありますので、参加される方、見物される方は、くれぐれもお気を付けください。

余談、失礼いたしました。
改めまして、最後までご覧頂き、ありがとうございました。





 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

お名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

ここから下が、PC・タブレット(大画面)閲覧時のサイドバー部分です。
人気記事ランキング(直近24時間)
おすすめ記事
管理人一押し記事

朝礼ネタにも会話ネタにも最適!当サイトのイチオシ記事です。


他のおすすめ記事は、こちらのページでまとめて紹介しています。

人気記事ランキング
最近の投稿
スピーチや会話の悩みに