朝礼ネタやスピーチ例文、面白い話や笑える話など「すぐ使えるネタ・雑学」をまとめています。

朝礼ネタ・スピーチネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”

ネタのコンビニ
ネタのコンビニ

ハロウィンとは? ~今さら聞けない「トリック・オア・トリート」の由来や市場規模などの雑学~

読了までの目安時間:約 18分
 5シェア

【朝礼ネタ】ハロウィン(Halloween)ってそもそも何? トリック・オア・トリートの正しい意味は? 日本での火付け役は?


ハロウィン今回の朝礼ネタは「ハロウィン」。

近年、急速な盛り上がりを見せる、日本のハロウィン。“どっぷりハマる派” と “全く無縁派” に見事分断されている印象もありますが、バレンタインデーに匹敵するほどの経済効果・市場規模にまで成長したと言われている国内のハロウィン事情。

ここまで盛り上がっている以上、“全く無縁派” でも、これくらいは知っておきたい「ハロウィンの雑学」。例えば…
  • ハロウィンの由来・語源、日本での盛り上がりはいつから?
  • ハロウィンの経済効果・市場規模は?
  • 本来のハロウィンと日本のハロウィンの違い
  • なぜカボチャ? あいつの名前は?
  • Trick or Treat(トリック・オア・トリート)って何? 言われた時の返事は?

など、あまりの盛り上がりぶりに、今さら聞くに聞けない。そんな時の備忘録として、こっそりご確認いただければと思います。
ハロウィンとは? ~今さら聞けない「トリック・オア・トリート」の由来や市場規模などの雑学~の続きを読む »»

花火の雑学 ~日本三大花火と言えばどこ? 打上花火の値段は? 人気大会開催日程など~

読了までの目安時間:約 12分
 1シェア

【朝礼ネタ】花火の雑学 ~打上花火の値段は? たまや・かぎやとは? 日本三大花火と言えばどこ?~


花火今回の朝礼ネタは「花火の雑学」。

夏の風物詩、花火。まず、日本の花火は次の2つに大別されます。
  1. 製造から取り扱い、打上に至るまで許可が必要な大型の打上花火
  2. 一般家庭等で使用・消費される許可が不要な花火
法令上、1を「煙火(えんか)」、2を「玩具花火(がんぐはなび)」と呼び、2は「おもちゃ花火」と呼ばれることが、今では一般的となっています。

なお、「煙火」の打上作業を行えるのは、日本煙火協会が発行する「煙火消費保安手帳」を所持した煙火消費従事者に限られています。つまり、一般に言う「花火師」は、「煙火消費保安手帳の交付を受けている人」ということになります。現在、この手帳の所持者は全国にどの位いると思いますか?

他、「打上花火の値段は?」「たまや・かぎやとは?」など、花火大会の行き帰りや打上合間の休憩時間に、ちょっと使える「花火の雑学」。ぜひご活用ください。

花火の雑学 ~日本三大花火と言えばどこ? 打上花火の値段は? 人気大会開催日程など~の続きを読む »»

【朝礼ネタ】シルバーウィークとは?国民の休日とは? ~今更聞けない休日の雑学~

読了までの目安時間:約 7分
 0シェア

【朝礼ネタ】今更聞けない「シルバーウィークとは?」「国民の休日とは?」


シルバーウィーク今回の朝礼ネタは「シルバーウィーク」と「国民の休日」。

2015年のシルバーウィークは、平日勤務の多くの人たちにとって、嬉しい5連休となりました。

9/19(土)は、普通の土日
9/20(日)も、普通の土日
9/21(月)は、敬老の日(ハッピーマンデーによる9月第三月曜)
9/22(火)が、○○○○日(分かりますよね?)
9/23(水)は、秋分の日

この通り2015年は、敬老の日と秋分の日に挟まれた9/22(火)が「国民の休日」となったことで、5連休が実現したわけですが、そもそもこの「国民の休日」は、どのような場合に制定されるか、ご存知でしょうか?

また「シルバーウィーク」という言葉自体、ここ最近登場してきた印象もありますが、誕生したのは1950年代のこと。現代の「シルバーウィーク」とはやや意味合いが異なる部分もありますが、生みの親は「ゴールデンウィーク」の名付け親と同一人物だったそう。

といったような、『休日の雑学』を少し取り上げてみます。

【朝礼ネタ】シルバーウィークとは?国民の休日とは? ~今更聞けない休日の雑学~の続きを読む »»

【朝礼ネタ】台風に関する雑学・豆知識 ~「台風銀座」ってどこ? 「台風」の語源は?など~

読了までの目安時間:約 12分
 3シェア

【朝礼ネタ】台風の雑学・豆知識 台風シーズン前後の朝礼ネタ・会話ネタに


降水確率50%は五分五分か (DOJIN選書 8)
今回の朝礼ネタは「台風」。

2016年は「台風1号の発生の遅さ(7月3日発生)」が話題となり、1951年以降の統計上、第2位を記録(1位は1998年7月9日)しました。

第1号の発生が遅いことで、その後の台風も少ないかと思いきや、8月にはトリプル台風が発生。さらに、その内の1つが異例の進路を迷走、台風の長寿記録まで塗り替えました(「11日と3時間」は46年ぶりの更新)。

台風は、例年およそ決まった時期に訪れ、発生から接近までに猶予があることからも、自然災害の中では比較的、備えやすい災害と言えます。

【ご参考】防災の常識・非常識(当サイト内記事)

しかし、予想以上の雨量・風量、予想外の進路・スピードなどにより、甚大な被害が出ることもしばしば。後述しますが、現在、台風の規模を示す表現に「弱い」や「小さい」は用いられなくなっています。「猛烈な」「超大型」と聞けば、多くの人が警戒しますが、「弱い」「小さい」ではつい過小評価しがち。結果、過去には悲惨な事故(こちらも後述)も起きています。

外出の際は、たとえ小規模であっても「台風」であることを忘れない意識が大切です。

・・・

さて、そんな台風ですが、知らないことも案外多いもの。ここでは、台風情報にたびたび登場する「専門用語」の本当の意味や、知っているようで意外に答えられない「台風に関する雑学や豆知識」をまとめて紹介します。

【朝礼ネタ】台風に関する雑学・豆知識 ~「台風銀座」ってどこ? 「台風」の語源は?など~の続きを読む »»

【朝礼ネタ】頭虫(ユスリカ)の正体は蚊じゃない!?なぜついてくる?

読了までの目安時間:約 7分
 1シェア

【朝礼ネタ】「頭虫」はなぜついてくるの? 正体・正式名称は?


頭虫今回の朝礼ネタは「頭虫」。

頭の上や周りに群れを成してウジャウジャ飛び交う虫の大群。そう、通称「頭虫(あたまむし)」。

誰に教わったでもなく「うわっ、頭虫来た!」とその名を無意識に使っている人も多いのではないでしょうか。

この頭虫が群がった、いわゆるウジャウジャ状態のことを「蚊柱(かばしら)」と呼びますが、多くの場合が交尾目的なんだそう。

そして、この頭虫。蚊と勘違いされている方も多いようですが、良く知る「蚊」とは異なる昆虫で、人を刺すことはありません。では、頭虫の正体は? なぜ移動してもついてくる? など、簡単に紹介します。

【朝礼ネタ】頭虫(ユスリカ)の正体は蚊じゃない!?なぜついてくる?の続きを読む »»
1 2 3 8
ここから下が、PC・タブレット(大画面)閲覧時のサイドバー部分です。
人気記事ランキング(直近24時間)
おすすめ記事
管理人一押し記事

朝礼ネタにも会話ネタにも最適!当サイトのイチオシ記事です。


他のおすすめ記事は、こちらのページでまとめて紹介しています。

人気記事ランキング