朝礼ネタやスピーチ例文、面白い話や笑える話など「すぐ使えるネタ・雑学」をまとめています。

朝礼ネタ・スピーチネタ 今すぐ使える!“ネタのコンビニ”

ネタのコンビニ
ネタのコンビニ

【朝礼ネタ】植松専務の感動スピーチ ~“作業服姿のおじさん”にスタンディングオベーション~

読了までの目安時間:約 10分
 5シェア

【朝礼ネタ】世界を感動させた作業服姿のおじさんのスピーチ


夢今回の朝礼ネタは「作業服姿のおじさんの感動スピーチ」。

2014年7月に札幌で開催された講演イベント「TED x Sapporo」で、スピーチを行った「作業服姿のおじさん」。

照れた様子で、頭をポリポリしながら登場。一見頼りなさそうにも見えるこの「おじさん」がスピーチを始めた途端、会場はその内容に見事に惹き込まれていきます。

そして、最後に再び頭をポリポリ。最後にポリポリする「おじさん」に、聴衆はスタンディングオベーション。

この「おじさん」、地元北海道赤平市にある株式会社植松電機の専務取締役、植松努氏。地元では“大”が付くほどの有名人だそうです(赤平市に住む古い友人から聞きました)。

20分ほどのスピーチ動画ですが、心揺さぶられる内容です。お時間が許す限り、ぜひご覧になってみてください。
【朝礼ネタ】植松専務の感動スピーチ ~“作業服姿のおじさん”にスタンディングオベーション~の続きを読む »»

【朝礼ネタ】ムヒカ大統領「感動のスピーチ」 ~「世界で最も貧しい大統領」と呼ばれる理由~

読了までの目安時間:約 6分
 6シェア

【朝礼ネタ】ノーベル平和賞の候補にもなったムヒカ大統領のスピーチ


ムヒカ大統領スピーチ今回の朝礼ネタは「ムヒカ大統領のスピーチ」。

2016年4月、元ウルグアイ大統領のムヒカ氏(第40代、2010年3月~2015年2月在任)の来日が実現しました。ムヒカ氏の来日に多くのメディアが呼応したこともあり、テレビ等で見かけた方も多いと思います。

「世界で最も貧しい大統領」とも呼ばれ、数々の名言・名スピーチを残しているムヒカ氏。

中でも、2012年にブラジル・リオで開催された「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」でのスピーチは、全世界からの賞賛を集め、ノーベル平和賞の候補にもその名が挙がりました。

ご覧になった方も多いかもしれませんが、まずはその「伝説のスピーチ」をご覧ください(約10分)。

【朝礼ネタ】ムヒカ大統領「感動のスピーチ」 ~「世界で最も貧しい大統領」と呼ばれる理由~の続きを読む »»

【朝礼ネタ】スティーブ・ジョブズ「伝説のスピーチ」とは? ~この動画は見ておきたい~

読了までの目安時間:約 6分
 4シェア

【朝礼ネタ】絶対見ておきたい!スティーブ・ジョブズ氏「伝説のスピーチ」


伝説のスピーチ今回の朝礼ネタは「スティーブ・ジョブズ氏の伝説のスピーチ」。

2011年10月5日。56歳の若さでこの世を去った、アップル社の創設者、スティーブ・ジョブズ氏。

ジョブズ氏が生前に残した数多くの名言や格言は、新たな挑戦に向かう人たちに、大きな希望と勇気を与え続けています。

そのジョブズ氏が、2005年に米スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチ。

多くの人々から「伝説のスピーチ」と称され語り継がれるこのスピーチには、ジョブズ氏自らの波乱に満ちた半生、ガン宣告で受けたショックとそこから得た気付きなど、ジョブズ氏の生涯が凝縮されています。

“Stay Hungry. Stay Foolish.”(「ハングリーであれ。愚か者であれ」)と締め括られる、約14分間に渡る感動のスピーチ。

初めてご覧になられる方は、お時間が許す限り、途中飛ばすことなく、ぜひ、じっくりとご覧頂ければと思います。

【朝礼ネタ】スティーブ・ジョブズ「伝説のスピーチ」とは? ~この動画は見ておきたい~の続きを読む »»

【朝礼スピーチ実例】名言・格言引用「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない」

読了までの目安時間:約 4分
 3シェア

【そのまま使える朝礼ネタ】朝礼スピーチ例文 名言引用 「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない」~松下幸之助~

「朝礼スピーチ実例・例文」の活用方法と注意点(※お時間があれば先にご覧ください)

そのまま使える朝礼ネタ ~朝礼スピーチの切り出し・つかみ~


スピーチ(つかみ)おはようございます。

今日はですね、誰もが知る「経営の神様」、松下幸之助翁の言葉を紹介しながら、自分たちの姿勢を少し振り返ってみたいと思います。

(※「翁(おう)」: 老年の男性の名に付けて敬意を表すのに用いる接尾語)

松下幸之助と言えば、ご存知の方も多いと思いますが、歯に衣を着せぬ独特の関西弁を操り、厳しさの中にもユーモアと温かさに溢れた多くの名言を残しています。

例えば、松下電器創業当時のこんな言葉。

「松下電器は人を作る会社です。
 あわせて電気製品を作っています。」


と、人の大切さを創業当時から掲げていたかと思えば、従業員に対してこんな檄を飛ばすのも松下流。

「ご苦労さん。ええもんができたな。
 さあ、今日からこの商品が売れなくなるような新商品をすぐに作ってや。」


まるで、松下幸之助翁の姿・形が思い浮かぶような名言の数々。
この2つの言葉だけでも、十分に、そのユーモアが伝わったかと思います。

で、今日ご紹介しようと思っていた名言がもう1つあります。

【朝礼スピーチ実例】名言・格言引用「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない」の続きを読む »»

【朝礼スピーチ実例】無意識の自分が本当の自分 ~面接官の裏ワザ~

読了までの目安時間:約 5分
 2シェア

【そのまま使える朝礼ネタ】朝礼スピーチ例文 「無意識の自分が本当の自分」「無意識な時ほど見られている」

「朝礼スピーチ実例・例文」の活用方法と注意点(※お時間があれば先にご覧ください)

そのまま使える朝礼ネタ ~朝礼スピーチの切り出し・つかみ~


スピーチ(つかみ)おはようございます。

今日はですね、以前、ある上司に言われてかなりドキッとした言葉を、
紹介させて頂きたいと思います。

それは、「無意識の自分が本当の自分」という言葉なんですが、
1つ分かりやすいエピソードを紹介したいと思います。
その上司が営業社員の採用面接を行う時の話です。

その上司が面接を行う時はですね、面接の中でものすごくいい話ができて「この人いいなー」と感じても、その場では絶対に合否の判断をしなかったそうなんですね。

じゃあ、その上司はいつ最終判断したのか?

その答えを聞いて、なるほどなーと心底納得させられてしまったんですが、
皆さんは、その上司はどうやって合否の最終判断を行ったんだと思われますか?

【朝礼スピーチ実例】無意識の自分が本当の自分 ~面接官の裏ワザ~の続きを読む »»
1 2 3 10
ここから下が、PC・タブレット(大画面)閲覧時のサイドバー部分です。
人気記事ランキング(直近24時間)
おすすめ記事
管理人一押し記事

朝礼ネタにも会話ネタにも最適!当サイトのイチオシ記事です。


他のおすすめ記事は、こちらのページでまとめて紹介しています。

人気記事ランキング